脳波+ロボットのリハビリ技術

明治大学工学部の小野弓絵准教授穂翔会村田病院の共同研究チームが、脳卒中により手に麻痺などが残った患者を対象に、ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)を応用したリハビリ技術を嗅初したそうだ。患者の脳波を計測し、ロボットの補助によって運動機能の回復を目指す最先端技術で、今夏の検証実験を経てリハビリ手法の確立につなげるという。
脳血管障害が原因で麻痺などの後遺症が出た患者は、物を掴もうとして「掴む動作」自体を忘れてしまっていることが多いのだそうだ。患者が「掴む」イメージを掴みやすいように動画閲覧と脳波の計測、さらに装具を効果的に組み合わせたそうだ。
まずタブレット端末の画面に、手がボールを握ろうとするサンプル動画を表示。患者はそれを見て映像と同じようにボールを掴もうと念じると、脳波に特徴的な変化が現れるそうだ。それを脳波計で捉え、ほぼ同じタイミングで麻痺している方の手にはめたグローブ型装具が作動する。
手は装具によって動かされた格好だが、タイムラグがないため患者は自力で動かしたイメージを持つことになる。一連の運動を反復することで、「掴む動作」を再習得できると考えられている。
装具は、神奈川県のさがみロボット産業特区で開発されたエルエーピーの生活支援ロボット「パワーアシストハンド」を用いたとのこと。
研究チームは同病院の入院患者ら16人を対象に単回の実証実験を実施。短期訓練にもかかわらず指の動きが回復するなどの改善が見られたケースが複数あり、可能性の高さが示唆されたという。
小野准教授は「脳波計測とロボットによって動画の動きと手の動きが同期し、リハビリ効果が高くなる。反復によって脳血管障害で失われた経路に代わる別経路が脳内にでき、運動機能の早期の再構築がはかられるだろう」と説明する。
今後は指で「つまむ」動作にも応用できるよう研究を急ぐそうだ。自宅でもリハビリを継続できるようスマホ版の開発も検討するとのこと。
効果の高いリハビリ方法で麻痺が改善されれば、後遺症の障害を引きずらずに生活することができるようになるだろう。さらに研究を進めて頑張ってもらいたい。

体内にガーゼ30年、病院と和解

「手術ミスで約30年間、体内にガーゼが残っていた」として、神戸市の40代男性が神戸市民病院機構に慰謝料など約1900万円の損害賠償を求めた訴訟が神戸地裁であり、同機構が男性に800万円を支払う内容で和解が成立したそうだ。
訴訟などによると、男性は日常生活で度々腹痛を訴え、2012年、同機構が運営する同市立医療センター西市民病院で体内にあった腫瘍を摘出。検査の結果、ガーゼと確認されたという。男性は「1983年に同じ病院で受けた腎臓の摘出手術でガーゼが取り残された」として執刀医の過失を主張していた。
同機構は83年に手術した際の記録がないとして過失を認めていなかったが「早期解決のため和解に応じた」としているという。
「記録がない」と言ってこれまで請求に応じていなかったというのも問題だと思うが、こうした医療ミスのないよう手術で使うガーゼなどは自然に溶けてしまうなど、体に害のないものにしていった方が良いのではないだろうか。

冥王星に富士山級の氷の山

9年の長旅を経て、冥王星にたどり着いたNASAの探査機「ニューホライズンズ」から、7月14日に冥王星に接近する時に撮影された画像が届いた。
なんとそこには、約3500メートルの富士山級にもなる、水が凍った氷の山が写っていたという。
最接近の際には、冥王星と衛星カロンを近距離から撮影できるほか、ほかの小さな衛星の姿もとらえられる可能性があるという。
探査機から観測できる側にあるものならば、ニューヨークのセントラルパークにある湖ほどの大きさの物体でも見ることができる。
さらに最接近のあと、冥王星の周囲を旋回する際には、この星の南極を初めて目にすることができるという。

USJ「ハリポタ」エリア1周年

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で人気映画「ハリー・ポッター」の世界を再現したエリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が15日、オープンから1周年を迎えたそうだ。これを記念して、開場と共にホグワーツ魔法学校の生徒らも登場し、来場者からは「今日来てラッキー」などの声が聞かれたという。
1周年を記念して行われた「ゲートオープン・セレブレーション」では、この日だけの特別演出としてホグズミード村の住人やホグワーツ魔法魔術学校の生徒らが登場。盛大な紙ふぶきが舞うなどし、来場者からは大歓声が上がった。
また、本物のフクロウもいたため、大阪市内から家族と一緒に来たという3歳の女の子は「初めて見てビックリした。羽おおきかったんでビックリした~」と嬉しそうに話していたという。
岐阜県から朝一番の新幹線で来たという大学生も「1年前から今日の1周年に来ようとしていた」と興奮気味に話していたという。
USJによると、オープンしてからの1年、国内外からの来場者が大幅に増加。2014年7月から今年3月までの9か月間連続で毎月入場者数がその月の過去最高を記録したとのこと。また、2014年度の年間来場者数は約1270万人となり、開業年度以来の過去最高入場者数を更新するなど注目を浴びている。
USJでは春にエヴァンゲリオンや進撃の巨人、モンスターハンターの期間限定アトラクションや、この夏にはワンピース、妖怪ウォッチなど人気アニメやゲームとのコラボが話題になっている。ハリーポッターエリアにしてもクオリティも高く、ファンを魅了し何度も足を運びたくなる世界観が完成されている。今後もどんなアトラクションで楽しませてくれるのか楽しみだ。

絢香、育児でツアー開催地制限ファンに謝罪

人気シンガーソングライターの絢香が今月14日、公式ブログを更新した。
今年6月に誕生した、長女の育児のためにことにしおこなわれるツアーの北海道、四国開催を見送りを決定したことをファンに説明、謝罪した。
絢香の「レインボーロードTOUR2015ー2016」は、今年11月23日の神奈川県秦野を皮切りに、名古屋、大阪、東京、福岡、石川、長野、仙台と各地を周り、来年の2月27日の広島まで、全15会場で開催される予定である。
その中に北海道、四国での開催がないことについて、ブログで絢香は「本当に本当にごめんね。」とファンに向けて謝った。
絢香はブログで、「まだ子供が小さく、不安定な時期なので、色々と考えた末、飛行機でしか行けないエリアはどうしても行くことが難しいと判断しました」と説明し、理解を求めた。

スマホ依存の高校生、心身不調が3倍に

スマートフォンを頻繁に利用する高校生の間で、スマホに対する依存度が高いと心身の不調を感じる割合が約3倍になることが分かったそうだ。
2013年、埼玉県内の高校生約600人を対象に、携帯電話の使用目的や時間のほか、心身の自覚症状など約70項目を4段階の程度に分けて回答してもらい数値化。その結果、高校生の9割がスマホを持っており、1日3時間以上使用する生徒が6割いたそうだ。無料通話アプリ「LINE」は4人に3人がほぼ毎日使っていたほか、Twitterは6割が閲覧していたという。
心身の不調では「眠い」「目が疲れる」「昼間でも横になりたい」などの項目で数値が高かったそうだ。スマホへの依存度が高い上位25%のグループを残り75%と比べると、不調を示す数値で約3倍の差があったとのこと。
スマホが普及したことによってアプリやゲーム、ネットを長時間して寝不足になったり、目の不調を訴えるというのは高校生に限ったことではない。健康を害しては元も子もないので、上手に使っていかなければならないだろう。

Appleと特許争う中小企業

米アップルを日本の中小企業・島野製作所が昨年8月、特許権侵害と独占禁止法違反で訴えた裁判が佳境を迎えているそうだ。アップルは特許を持つ島野の社員に、共同特許にするよう働きかけたり、「特許無効審判」を提起するなど、なりふり構わぬ戦術で優位に立とうとしているという。一方の島野は6月初旬、アップルに部品を供給しているアジアの製造会社に、特許を侵害していると販売差し止めを請求。時価総額で世界最大の企業に対し、一歩も引かずに立ち向かっているそうだ。
島野はポゴピンと呼ばれる電子機器などに使われるピンを製造。電気信号を伝えるスムーズさや耐久性に優れたピンを作る高い技術を誇っており、10年前からアップルのノートパソコンに接続する電源アダプタ側の端子向けに供給してきた。
このピンの製造に関する特許が焦点になっているという。島野によると、アップルから依頼を受けて新しいピンを開発したが、アップルは急に、自社で開発したものだと主張してきたという。島野はこれを拒否し、同社の社員の特許として認められた。
しかしアップルは2012年、島野への発注を減らし、アジアの企業からも供給を受けるようにしたそうだ。この企業が島野の特許を侵害していたという。島野は今年6月、この企業に対し販売の差し止め請求に踏み切った。従わなければ追加の措置を取る可能性があるという。
また特許を持っている島野の社員に対し、アップルは今年6月までに2回、「共同特許にしてほしい」と打診してきたという。その一方で、アップルは本来登録されるべき特許ではなかったとして、特許庁に無効を請求する「無効審判」を起しているという。
取引量の大きさを背景にアップルが下請けに対して苛烈な対応をしている事例はたびたび話題になっている。島野以外の部品メーカーからも「人の技術を盗んでヒット商品を産み出している」と、アップルのビジネスモデルへの厳しい指摘が上がるほどだという。アップルは自社工場を持たず、世界中の取引先と関係を深めてサプライチェーンを構築する手法を取るだけに、日本の中小企業が”モノづくりの意地”を原動力に起こした裁判の行方が、世界戦略に影響を与えるかもしれない。

人工知能、マリオを最短で攻略

アメリカでエンジニアをしているセス・ブリングさんが人工知能を使って懐かしの人気ゲーム「スーパーマリオ」をプレイする技術を開発したそうだ。名付けて「MarI/O(マリオ)」。機械学習の技術を駆使して、最も早くクリアできる攻略方法をコンピューターが自分で見つけてしまうのだという。
ブリングさんは大学でコンピューター・サイエンスを専攻。中でも機械学習に興味を持ち、勉強と実験を兼ねてMarI/Oを作ったそうだ。実験の場として選んだのが「スーパーマリオ」だった。ブリングさんは日本のテレビゲームが大好きで、中でもスーパーマリオは一番のお気に入りだという。
ゲーマーでもあるブリングさんが実験で目指したのは最も早くゲームをクリアする「スピードラン(speedrun)」だ。
最初はまったく経験のない状態からスタートするので、穴に落ちたり、敵に当たったりしてすぐにゲームオーバーになる。すると、次は同じミスをしないよう学習し、プレイ時間が延びていく。この作業を膨大な量で繰り返し、一番早くクリアできる攻略法を見つけていく。YouTubeに公開している動画では、「MarI/O」がどんどん失敗を学習してプレイが上手になっていく様子が公開されているそうだ。
「コンピューターが自動で操作する技術はあらゆる業界に影響を与えはじめています。人工知能はますます影響力を拡大していくでしょう」とブリングさんは言う。ブリングさんは「多くのユーザーに参加してもらい、MarI/Oの神経回路網(ニューラルネットワーク)の進化をめざしたい」と話しているという。
人工知能は一体どこまで進化していくのだろうか。

新iPhoneの出荷数、過去最大に

米紙・ウォールストリートジャーナルは8日、米アップルが年内に発売するとみられるiPhoneの新モデルについて、当初の生産台数がこれまでで最大規模となると報じた。画面サイズが大きめのスマホは買い換え需要が好調だと判断したようだ。
同紙によると、アップルは供給メーカーに新モデルを8500万~9000万台生産するよう要請。画面サイズは4.7インチと5.5インチの2種類で、昨年9月発売の「iPhone6」「6 Plus」と同じとのこと。
新モデルは画面を押す強さの違いを認識し、異なる操作が可能な機能を搭載する見通しだそうだ。ただ、全体としては小幅な刷新にとどまりそうだという。
iPhone6、6 Plusは当初生産台数が7000万~8000万台に達し、新モデルとしては記録的な売れ行きとなったそうだ。これを見越して新モデルの出荷数をさらに増やしたのだろう。日本での発売は秋ごろになるのだろうか。また発売間近になる頃にこの話題で盛り上がりそうだ。

彗星に地球外生命の可能性

欧州宇宙機関(ESA)の彗星着陸機「フィラエ(Philae)」が着陸した彗星の奇妙な外観は、地球外微生物の存在で説明できるとの新設が6日、天文学者チームから発表された。
氷の湖を覆う黒い外殻、底が平らのクレーター、表面に点在する大きな岩など、凍った塵の塊である67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の特徴の多くは、微生物の存在と「整合するもの」だという。
英カーディフ大学のマックス・ウォリス氏は、英王立天文学会が発表した声明で、ESAの彗星周回探査機「ロゼッタ(Rosetta)」によるこれまでの観劇は、67P彗星が「凍り付いた不活発な天体ではなく、地形上の変化が維持されている」ことを示していると述べている。実際、秒速32.9キロで太陽方向に突進している67P彗星は「地球上の北極や南極より、微生物の生存に適しているかもしれない」という。
研究チームは複雑な有機物質がロゼッタで検出されたことを「生命の証拠」として指摘。この有機物質が67Pの表面を驚くほど超暗黒で低反射にしているという。
また、67P彗星のガス噴出は太陽から十分に離れていて、表面の昇華を起せない距離から始まったとのこと。これは、彗星の表面下に存在する微生物が高圧ガスのポケットを形成し、これが上部の氷を割ることで有機粒子が放出されることを示唆しているという。さらに、割れ目がふさがれたり岩が動かされたりした痕跡が岩だらけの彗星表面に見られることや、「再供給される必要がある」有機物の覆いなどにも言及した。
観察される特徴は「すべて、67Pが宇宙を公転する間、活動的な微生物を維持可能な機関に太陽からの熱を受けつつ塊になる氷と有機物質の混合物に整合する」と声明は述べている。
研究チームによると、微生物は67Pに生息地を作るのに液体の水を用いている可能性がある。宇宙を旅する67P彗星が太陽に接近する暖かい期間には、この水が氷の割れ目から染み出して「雪」になるという。不凍性の塩を含む生命体、このような状況に適応するのを特に得意としており、中にはマイナス40度の低温状態で活動できるものもいるという。彗星表面の太陽光に照らされている領域は昨年9月、太陽が約5億キロの距離にある時点ですでにこの温度に適しており、弱いガス噴流を放出していたそうだ。
太陽の周りの楕円軌道を周回している彗星が太陽に接近して熱を受けると、昇華と呼ばれる個体から気体への状態変化プロセスが起き、これによって彗星に見事な尾が形成される。67Pが太陽に近づくにつれて微生物はますます活動的にはるはずだと研究チームは推測している。
うまくいけば、微生物の活動の一部がロゼッタとフィラエによってライブ中継されるかもしれない。