新型iPhone、販売数が1300万台突破

米Appleは28日、新型iPhoneの6s/6sプラスの販売台数について、25日発売後最初の週末で1300万台を超え、過去最高を記録したと明らかにした。市場では1200万―1300万台の売り上げが見込まれていた。
昨年発売された6/6プラスの1000万台を上回った格好だが、これには規制問題に伴い中国の売り上げは含まれていないそうだ。
Appleのティム・クックCEOは声明で「6s/6sプラスの販売は驚異的で、最初の週末販売の記録を塗り替えた」とした上で「顧客の反応は素晴らしく、3Dタッチやライブフォト機能が好評だ」と述べた。
10月9日以降、さらに40カ国以上で6s/6sプラスを販売し、年末までに販売対象国は130カ国を超える見込みとした。
今回明らかとなった販売台数を踏まえると、アップルはスマホ市場で最大のライバルとなっている韓国のサムスン電子から市場シェアを幾分か奪った可能性があるとのこと。中国経済に減速の兆しが出る中、アップルの同国での業績に対する不安が投資家の間で出ていたが、FBRキャピタル・マーケッツのシニアアナリスト、ダニエル・アイブス氏は「中国市場での需要は旺盛と見られる」と指摘。こうした不安は今後払拭されていくとの見方を示した。
これほどまで人気となる理由は一体何なのだろうか?いずれにしても、今後もアップルユーザーは増加していきそうだ。